この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

歯ブラシの毛先が届きにくい所は歯垢が残ってしまう

しっかり歯を磨いたつもりでも

よく磨いたつもりでも、歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくいため、汚れが残ってしまいがちなのです。
デンタルフロスの利用者は、某社の調査では約2割ですが、毎日の歯磨きには実はデンタルフロスは必需品なのです。
Y字型デンタルフロスは、奥歯にも使用しやすいのが特徴で、歯と歯茎の間に入るところまで入れて、上下の動かして隣り合う歯の両面を磨くのです。
某社が調査したところによると、デンタルフロスの利用者は約2割と少なく、なぜかというとうまく使いこなすことが出来ずに続かないという方が多いようなのです。
そんなデンタルクロスも使い方のコツさえ知ることができれば、簡単に使用することが可能になるのです。
歯ブラシだけで、歯を磨いた後に歯の歯垢を染め出してみると、よく磨いたつもりでも、歯垢が歯と歯の間に残っているのがわかるのです。

Y字型のデンタルフロスを使用する際に

歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくいことにより、歯周病や虫歯の要因となるため汚れを残さず、歯ブラシだけで落とすということは不可能に近いのです。
そのため、デンタルフロスの「利用」は欠かせないものなのです。
歯と歯の間にY字型のデンタルフロスをあて、ゆっくりと横に動かして歯と歯の間に入れていき、歯茎まで入ったら上下に動かして、隣り合う歯の両面を磨くのです。
取り出す際についても、ゆっくりと横に動かして取り出すのです。
Y字型のデンタルフロスを使用する際のポイントとしては、歯と歯が接しているところを通過する際は、勢いよく入れてしまうと歯茎に傷をつけてしまうのです。
デンタルフロスの糸を、歯と歯茎の間に入れる時はスッと入るところまで入れて、汚れを落とすのです。
使っていない指をアゴや歯に固定することにより、フロスを動かす指が安定するのです。