この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

ロールタイプにはノンワックスタイプとワックスタイプがある

F字型デンタルフロスは初めて使う方に

歯周病や虫歯・口臭の要因となる歯垢は、歯磨きだけでは落としきれないのです。
Y字型デンタルフロスやF字型デンタルフロスは、初めて使うという方にも使いやすいためオススメなのです。
歯間にデンタルフロスを当て、横にゆっくり動かしながら隙間に入れて、上下に動かして汚れを落とすのです。
デンタルフロスについた汚れは、その都度とり次の歯をきれいにしましょう。
初めての方にも、使用しやすい「F字型のデンタルフロス」の使い方について説明いたします。
歯と歯の間にF字型のデンタルフロスをあて、ゆっくりと横に動かしながら、歯と歯の間に入れていきます。
歯の根元まで届いたら、上下に動かして、汚れを落としていきます。
隣り合う歯の両面を清掃していくのです。
取り出す際についても、横にゆっくりと動かして取り出すのです。

Y字型やF字型のフロスはホルダータイプ

Y字型デンタルフロスとF字型デンタルフロスはともに、プラスチックの持ち手で糸状の繊維により出来ている「ホルダータイプ」というものなのです。
「ホルダータイプ」には、すでにフロスがセットされており、初心者の方でも使用しやすくなっているのです。
簡単に片手で歯の間をお掃除することが出来るのが利点なのですが、ホルダーで固定されているので、ロールタイプと比較すると小回りが利きにくいということがデメリットとしてあげられるでしょう。
奥歯や歯並びの悪い所は、どうしてもデンタルフロスが届きにくくなってしまうでしょう。
口の中で膨らむというデンタルフロスもあるのです。
摩擦や唾液により繊維が広がるため、歯と歯の隙間のプラークを効果的に取り除くことが可能なのです。