この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

最初は少し扱いにくいのですが慣れると簡単で経済的

デンタルフロスロールタイプの使い方

デンタルフロス「ロールタイプ」は、糸状の繊維が巻かれているため、メリットとしては使用する際に長さを自分で調整できるという点で、コスパにも優れているという点が挙げられるのです。
「ロールタイプ」のデメリットについては、慣れるまでに時間がかかるということが挙げられるのです。
両手の指のフロスを巻いて歯と歯の間に入れるという作業は、最初苦戦してしまうかも知れませんが、慣れてくると上手に汚れを落とすことが可能でしょう。
デンタルフロス「ロールタイプ」の使い方について、フロスを約40センチ取り出し、両手の親指と人差し指に巻き付けて2センチ程に調整して、左右に動かして歯の根元まで糸を入れたら、両側の歯の汚れを糸に付着させるように上下に動かすのです。
歯間だけではなく、歯肉溝の中までフロスを入れて、プラークを取り除くと良いでしょう。

フロスの繊維はワックス処理されている物も

デンタルフロスの繊維には、ワックス処理されているタイプのものもあるのです。
ワックスが付いていることにより、滑りが良くなりスムーズに歯と歯の間に入れることが出来るのです。
特に歯と歯の間が狭い方については、ワックス付きのデンタルフロスを使用すると良いでしょう。
また、スムーズに歯と歯の間に入っていくため、初心者の方にもオススメなのです。
反対にワックス処理されていないタイプについては、繊維が滑らない裸の状態なので汚れが引っかかりやすくなるため、汚れを取り除く力は高まるのです。
デンタルフロスを使用することに慣れてきた方は、ワックスが付いていないタイプを使用すると良いのではないでしょうか。
お口の中で膨らむタイプのデンタルフロスもあるのです。
これは、摩擦や唾液により繊維が広がる構造になっていて、繊維の面積が広がるため、歯と歯の隙間のプラークを効果的に取り除くことが可能なのです。